for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

父がトラで母がライオンの「タイゴン」、中国の動物園で成長

3月6日、中国江蘇省常州市の淹城野生動物園で、雄のトラと雌のライオンから生まれた「タイゴン」の赤ちゃん1頭が飼育されている(2012年 ロイター)

[常州(中国) 6日 ロイター] 中国江蘇省常州市の淹城野生動物園で、雄のトラと雌のライオンから生まれた「タイゴン」の赤ちゃん1頭が飼育されている。

同動物園によると、雌のトラと雄のライオンから生まれる「ライガー」に比べ、タイゴンは小さく、珍しいという。

飼育担当者は、トラとライオンが交尾しても赤ちゃんが生まれる確率は1─2%だと説明。トラとライオンの間に生まれる雑種の生存率は低く、ライガーの場合は10万頭に1頭、タイゴンは50万頭に1頭の割合だと述べた。世界に生存するタイゴンは10頭以下だという。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up