for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

フィリピン版「バトル・ロワイアル」、観客参加型の舞台が話題

3月14日、日本の小説で映画化もされた「バトル・ロワイアル」が、フィリピンで舞台作品となって公開されており、話題を呼んでいる。マニラで11日撮影。写真は映像から(2012年 ロイター/ロイターTV)

[マニラ 14日 ロイター] 日本の小説で映画化もされた「バトル・ロワイアル」が、フィリピンで舞台作品となって公開されており、話題を呼んでいる。

フィリピンで活動する劇団Sipat Lawin Ensembleによる「Battalia Royale」は、42人の中学生が無人島で殺し合うという原作のストーリーをリメークしたもの。役者の周りを囲むように観客が座って鑑賞するこの舞台では、観客の目の前で惨劇が繰り広げられ、「殺された」人間を演じる役者は舞台が終わるまで動かないままでいる。

また、物語が終盤に近付くと、観客が多数決で登場人物を殺すかどうかの決断をし、舞台に参加する一面もある。脚本家は、観客にも同じ状況に置かれたらどうするかを考えてもらいたかったと説明した。

この舞台を鑑賞した女性は、「目の前で人が殺され、私にも血が飛んできた。ショッキングだったけれど、素晴らしい作品だった」と興奮気味に語っていた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up