for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米大手が「ピンクスライム」生産削減、ハンバーガー価格上昇も

3月28日、米アグリビジネス大手カーギルは、「ピンクスライム」と呼ばれるアンモニア水で防腐処理された加工肉の生産量を削減すると発表。ジュネーブで2009年8月撮影(2012年 ロイター/Denis Balibouse)

[シカゴ 28日 ロイター] 米アグリビジネス大手カーギルCARG.ULは28日、通称「ピンクスライム」と呼ばれるアンモニア水で防腐処理された加工肉の生産量を削減すると発表。それによりハンバーガー価格の上昇につながる可能性があるとの見方を示した。

ピンクスライム肉をめぐっては、安全性への懸念が消費者の間で高まっているのを背景に、米ファストフード大手のマクドナルドMCD.Nに続き、今月に入ってからはスーパーマーケット・チェーン第2位のセーフウェイSWY.Nと同3位スーパーバリューSU.Nも取り扱いを中止している。

また、同加工肉を製造する米ビーフプロダクツ・インク(BPI)は2日前、国内3州に持つ4工場のうち、3工場の操業を60日間停止すると発表したばかり。BPIの操業停止では650人の雇用に影響が出る可能性があるが、カーギルの生産削減が雇用に与える影響は明らかになっていない。

ハンバーガー価格の上昇が牛肉需要を減退させるとの懸念から、28日のシカゴ・マーカンタイル取引所では、畜牛先物価格が1%以上の下落となった。

同加工肉は米国ではハンバーガーのつなぎとして広く使われており、米農務省(USDA)や専門家は安全性に問題はないとの見解を示している。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up