for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米史上最高540億円の宝くじ、当せん3枚で山分けへ

3月31日、賞金が米史上最高額の6億5600万ドル(約543億円)となった宝くじ「メガミリオンズ」で、イリノイ州などで販売された3枚が当せんしたことが分かった。写真はメガミリオンズで数字を選ぶ女性。29日、カリフォルニア州で撮影(2012年 ロイター/Jonathan Alcorn)

[アトランタ 31日 ロイター] 賞金が米史上最高額の6億5600万ドル(約543億円)となった宝くじ「メガミリオンズ」で、イリノイ州などで販売された3枚が当せんしたことが分かった。賞金は3等分されることになる。主催者らが31日発表した。

くじは1枚当たり1ドル。抽選は30日夜に行われ、当せんくじはイリノイ州のほか、メリーランド州とカンザス州の3カ所で売られたことが明らかになっている。当せんくじの持ち主はまだ名乗り出ていないという。

当せん者は、一括または26年にわたる分割で賞金を受け取ることが可能。分割の場合、賞金の額は税引き前で当せんくじ1枚当たり2億1300万ドルになる計算となる。

メガミリオンズの賞金では、これまでの最高額は2007年の3億9000万ドルで、ジョージア州とニュージャージー州の当せん者2人が山分けしていた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up