for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ロンドンで独解剖学者の動物標本展、ゴリラやゾウなど100体

4月3日、人体標本展などで知られるドイツの解剖学者グンター・フォン・ハーゲンス氏率いるチームによる「動物標本」の展覧会が、6日からロンドンの自然史博物館で始まる(2012年 ロイター/ITN)

[ロンドン 3日 ロイター] 人体標本展などで知られるドイツの解剖学者グンター・フォン・ハーゲンス氏率いるチームによる「動物標本」の展覧会が、6日からロンドンの自然史博物館で始まる。

ハーゲンス氏は、臓器などに含まれる水分や脂肪分を樹脂に置き換える「プラスティネーション」という技術で標本を作製。今回の展覧会では、ブタやヤギ、ゴリラ、ゾウなど約100体の標本が展示される。

同博物館の職員は、「来館者には動物の生体構造を奥深く学んでもらいたい。動物の皮膚の下に隠れている構造が見れるチャンスはそうないから」と話していた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up