for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

スーツケースに子犬6匹、動物遺棄容疑で米当局が男訴追

4月11日、米オハイオ州トレドの路地で、生後約4週間の子犬6匹が入ったスーツケースが捨てられているのが見つかり、近くに住む男が動物遺棄の疑いで訴追されていたことが分かった。写真は保護された子犬。提供写真(2012年 ロイター)

[クリーブランド 11日 ロイター] 米オハイオ州トレドの路地で4日、生後約4週間の子犬6匹が入ったスーツケースが捨てられているのが見つかり、近くに住む男が動物遺棄の疑いで訴追されていたことが分かった。地元の動物愛護協会が11日、明らかにした。

同協会の広報担当者がロイターに語ったところによると、イングリッシュブルドッグの子犬6匹が入れられていたスーツケースには男の名前を記したタグが付いており、男の自宅から2ブロック先で見つかった。子犬の母親がスーツケースの周りから離れなかったことから、通行人の注意を引いたという。

男は、子犬はミシガン州の友人に譲ったとし、スーツケースはそれより先に盗まれていたと供述している。男には最高750ドル(約7万円)の罰金と90日間の禁錮刑が科される可能性がある。

子犬は雄・雌ともに3匹ずつで、動物愛護協会には引き取りたいとの問い合わせが多数寄せられているという。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up