for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Lサイズ甘味飲料の販売禁止か、NYで新たな肥満対策

5月30日、米ニューヨークのブルームバーグ市長は、肥満対策の一環として、レストランや映画館などでラージ(L)サイズの甘味飲料の販売を禁止する方針を示した。3日撮影(2012年 ロイター/Lucas Jackson)

[ニューヨーク 30日 ロイター] 米ニューヨークのブルームバーグ市長は30日、肥満対策の一環として、レストランや映画館などでラージ(L)サイズの甘味飲料の販売を禁止する方針を示した。

甘味飲料の定義は、「約240ミリリットルあたり25キロカロリー以上の糖分または甘味料が含まれ、牛乳もしくは乳製品の含有率が51%以下」としており、カップのサイズは約470ミリリットルを上限に定める。

今回の提案は、6月12日に市の保健委員会に提出され、承認を求める方針。

統計によると、ニューヨーク市では成人の58%が肥満または太り過ぎだとされている。また同市当局の分析では、米国人は30年前と比べて1日当たり200─300キロカロリー多く摂取するようになったことが分かっている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up