for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中国公式宴席の「フカヒレ禁止令」、3年後の導入に揶揄相次ぐ

7月4日、中国政府は当局が主催する宴席でのフカヒレ提供を禁止する規定を3年以内に導入すると発表。これを受け、インターネット上では当局を揶揄するコメントが相次いだ。香港で2006年10月撮影(2012年 ロイター/Paul Yeung)

[北京 4日 ロイター] 中国政府は3日、当局が主催する宴席でのフカヒレ提供について、禁止する規定を3年以内に導入すると発表。これを受け、インターネット上では4日、高額な食材を宴席で使用する当局を揶揄(やゆ)するコメントが相次いだ。

北京に住む心理学者はミニブログで、「禁止規定の導入まで3年も待つ必要があるのか」とコメントし、「中国の公務員の食べ方を考慮すれば、3年もすれば禁止規定を出さなくてもフカヒレはなくなってしまうだろう」と皮肉った。

また別のユーザーはブログで「一般市民は麺を食べているのに、当局者は公的資金を使ってフカヒレを食べている」と批判した。

中国料理の高級食材としてスープなどに使われるフカヒレは高額であるほか、ヒレだけを切り取るサメ漁が行われていることから、環境保護団体などがフカヒレ料理の禁止を呼び掛けている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up