for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

フィリピンの巨大ワニがギネス認定、町の観光スポットに

7月3日、フィリピン・ミンダナオ島のブナワンで住民2人を食い殺したとみられる巨大ワニが、捕獲された中では世界最大だとしてギネス世界記録に認定された。写真は映像から(2012年 ロイター/ロイターTV)

[ブナワン(フィリピン) 3日 ロイター] フィリピン・ミンダナオ島のブナワンで住民2人を食い殺したとみられる巨大ワニが、捕獲された中では世界最大だとしてギネス世界記録に認定された。

「ロロン」と名付けられたこのワニは、ブナワンの住民らが昨年9月に捕獲したもので、体長6.17メートル、体重は1075キロ。地元当局によると、1週間で最大10キロの肉を平らげるという。

ロロンは今や町の観光スポットの1つとなっており、檻の周りにはエコツーリズムの公園も設置されている。昨年夏には、同公園を1日数百人の観光客が訪れたという。

ブナワンの町長は、「これからもっとロロンを大切にしていきたい」とギネス認定を喜んでいた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up