for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

オーストリアで全長2mの大蛇捕獲、実はペットで自作自演

[ウィーン 26日 ロイター] 長さ2メートルを超える大蛇を川岸で捕まえたという男性がオーストリアで話題になっていたが、実際にはこの捕獲劇は自作自演であることが分かった。動物保護団体が26日明らかにした。

オーストリア動物保護協会の責任者、スザンヌ・ヘメツバーガーさんによると、男性はザルツブルク出身で、全長2.3メートルのボアコンストリクターを捕獲したとして同協会に持ち込んでいた。しかし、実際には飼っていたヘビが手に負えないほど大きくなったため、川辺で見つけて捕まえたという話をでっちあげていたのだという。

このヘビは重さが7キロにもなり、ヘメツバーガーさんは「通りすがりに捕まえるということは有り得ない」と指摘。もしヘビに詳しくない人なら「叫んで逃げ出し、警察を呼ぶだろう」と語った。男性はこのほかにも2メートルのヘビ2匹を飼っており、全て手放すことを希望しているという。

ヘメツバーガーさんは「うそにうそを重ねた男性には、それなりの罰が科せられることを希望する」と語っている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up