for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

リチャード3世の遺骨発見か、英中部の駐車場から発掘

9月12日、英レスター大学の考古学チームは、同国中部のレスター市中心部にある駐車場から、15世紀のイングランド国王リチャード3世の可能性がある遺骨を発掘したと発表。写真は発掘現場(2012年 ロイター/Darren Staples)

[ロンドン 12日 ロイター] 英レスター大学の考古学チームは12日、同国中部のレスター市中心部にある駐車場から、15世紀のイングランド国王リチャード3世の可能性がある遺骨を発掘したと発表した。

シェイクスピアの史劇で有名なリチャード3世は、1485年にレスター郊外で行われたボズワースの戦いで死亡し、今回の発掘場所にあったという修道院に遺骨が埋葬されたと伝えられていた。

発掘チームは先月から作業を始め、戦闘で受けたとみられる傷がある骨を発見。大学は今後、遺骨を詳細に分析し、リチャード3世のものであるという状況証拠を得たいとしている。

遺骨は史料に記された修道院内の聖歌エリアがあったとされる場所で見つかり、状態は良いという。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up