for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ワシントンの動物園に赤ちゃんパンダ、7年ぶり朗報

9月17日、米ワシントンの国立動物園は、中国から貸与されているパンダの「メイシアン」が16日に出産したと発表した。写真は提供映像から(2012年 ロイター/SMITHSONIAN NATIONAL ZOO)

[ワシントン 17日 ロイター] 米ワシントンの国立動物園は17日、中国から貸与されているパンダの「メイシアン」が16日に出産したと発表した。

メイシアンは今年4月、同動物園で飼われている雄の「ティエンティエン」の精子を使った人工授精を受けていた。主任獣医スーザン・マレーさんによれば、メイシアンは疲れた様子を見せているが、赤ちゃんパンダが鳴き声を上げると胸に抱き抱えるなど「完璧な母親」になっているという。

メイシアンとティエンティエンは、同動物園での過去11年の生活で2匹の赤ちゃんを誕生させている。前回2005年に生まれた「タイシャン」は現在、中国で飼育されている。

今回生まれた赤ちゃんパンダの体重はまだ110グラム程度。向こう数カ月以内に一般公開される予定だという。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up