for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ブルガリアで欧州最古の町発見、塩の生産で栄える=研究チーム

11月1日、ブルガリア国立考古学研究所の研究チームは、同国北東部プロバディヤ近郊で、欧州最古の町の跡を発見したと発表。提供写真(2012年 ロイター/National Institute of Archaeology and Museum)

[1日 ロイター] ブルガリア国立考古学研究所の研究チームは、同国北東部プロバディヤ近郊で、欧州最古の町の跡を発見したと発表した。研究を率いたバシル・ニコロフ教授によると、紀元前4700─4200年に存在していた町だという。

ニコロフ氏は、「南東欧地域にある他の古代集落と違う点は、食塩泉があったということ。ここでは、塩水をさまざまな技術を使って蒸発させていた」と説明。「当時、塩は人間にも動物にも重要で、塩を生産することでこの町は栄えた」と述べた。

また、この遺跡で見つかった墓地からは、銅の髪飾りも発掘され、研究チームは、埋葬されていた女性は、まげを結っていた可能性が高いと話している。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up