for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

世界の観光客10億人突破へ、日本の観光収入5割増=国連

11月5日、国連の世界観光機関は、2012年の世界の観光客数が初めて10億人を突破するとの見通しを示した。写真はドイツのミュンヘンで土産物を見る中国人観光客ら。10月撮影(2012年 ロイター/Michaela Rehle)

[ロンドン 5日 ロイター] 国連の世界観光機関(UNWTO)は5日、2012年1─8月の世界の観光客数が前年比4%増加したと明らかにし、通年で初めて10億人を突破するとの見通しを示した。地域別では、1─8月は中東だけが前年比1%減とマイナスになった。

UWTOは、各国からの報告に基づき、今年1─6月または1─9月の海外旅行支出や観光収入も集計した。

海外旅行支出では中国が30%増と大幅に伸び、以下、ポーランドが22%増、マレーシアが18%増、アルゼンチンが16%増、ロシアが15%増、インドが11%増と続いた。一方、米国、カナダ、ドイツ、オーストラリアは1桁台の伸びにとどまり、イタリアとフランスはマイナスに転じた。

国別の観光収入を見ると、日本が前年比48%増となり、東日本大震災の影響から回復していることをうかがわせた。以下、スウェーデン、韓国、南アフリカが26%増で並び、香港が17%増となっている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up