for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米2州が住民投票で大麻合法化、嗜好用として初めて

[デンバー/シアトル 6日 ロイター] 6日の米大統領選に合わせて、コロラド、ワシントン、オレゴンの3州で、嗜好(しこう)品としての大麻合法化の是非を問う住民投票が行われ、コロラドとワシントンの2州では賛成多数で可決された。

嗜好品として大麻が合法化されたのは今回が初めて。ただ、連邦政府は大麻を「違法薬物」としているため、実際に2州が規制緩和できるかは不明だ。

2州で承認された規制緩和では、21歳以上なら1オンス(約28.5グラム)までの大麻を所持・使用しても合法となるほか、大麻はアルコール販売のように州公認の店で販売され、課税の対象にもなる。コロラド州では1人当たり6本まで大麻の栽培も認められるという。

反対派からは大麻を吸った人が車を運転したり、10代の若者の使用をどう防ぐかをめぐり懸念が広がっている一方で、賛成派は州の収入につながるなどと主張している。

医療目的の大麻使用は、コロラド州とワシントン州を含む米国の17州ではすでに認められている。6日にはマサチューセッツ州ほか2州で住民投票で是非が問われ、CNNによると、同州では可決された。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up