for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

絶滅のトカゲに「オバマドン」、大統領の笑顔にちなみ命名

12月11日、米エール大やハーバード大などの研究チームは、約6500万年前に絶滅したとみられる小型トカゲ(想像図、左下)に「オバマドン」と命名したことを10日発表した(2012年 ロイター/Carl Buell)

[11日 ロイター] 米エール大やハーバード大などの研究チームは10日、約6500万年前に絶滅したとみられるトカゲに「オバマドン」と命名したことを発表した。

このトカゲは小型で、昆虫を食べていたとみられており、1974年に化石がモンタナ州東部で発見された。ただ、これまで誤って分類されていたのが分かり、このほど新種と判明した。

研究チームは、オバマ米大統領の笑顔からのぞく歯にちなんで「オバマドン」と命名したことを明かした。研究者の1人によると、「ロムニードン」は候補に挙がることはなく、「クリントンドン」は響きが悪かったため採用されなかったという。

米国ではこれまでにも、政治家だけではなく、歌手などの有名人の名前も新種の命名に使用されている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up