for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

「100%ビーフ」から馬のDNA、英国バーガーキングも発見

1月31日、バーガー・キングは、アイルランドの食品加工工場で作られたパティーのサンプルから、馬のDNAが見つかったことを明らかにした。写真はバーガー・キングのロゴ。昨年12月撮影(2013年 ロイター/Jean-Paul Pelissier)

[ロンドン 31日 ロイター] ファストフード大手のバーガー・キングBKW.Nは31日、アイルランドの食品加工工場で作られたパティーのサンプルから、馬のDNAが見つかったことを明らかにした。ただ、馬肉混入の疑いのある商品は、店舗には出荷されていないという。

同社は「シルバークレスト社の工場から採取されたサンプル4つから、非常に微量の痕跡程度の馬のDNAが見つかった。この商品はレストランには売られていない」と発表。「(シルバークレスト社からは)英国産とアイルランド産の100%ビーフパティーの出荷が約束されていたが、そうはなっていなかった」としている。

馬のDNAの痕跡は、英大手スーパーのテスコTSCO.Lなどで販売されていたビーフバーガーからも見つかっていた。

食品安全の専門家は、馬肉が混入しても消費者に健康リスクはないものの、今回の発見は、食品流通網や精肉のトレーサビリティに懸念を抱かせるものだと指摘している。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up