for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ネパールがベンガルトラ生息数を調査、密猟などで絶滅の危機

[カトマンズ 5日 ロイター] ネパール南部にある数カ所の国立公園で5日、絶滅の危機にひんしているベンガルトラの生息数の調査が始まった。国立公園はインドにもまたがっており、インド側でも調査が実施される。

ネパールでは現在176頭のベンガルトラが生息しているとされるが、政府は2022年までにその数を倍増させる方針を掲げている。国立公園の生態学者は、生息数を8年間で250頭に拡大する必要があると述べた。

専門家によると、ベンガルトラはかつてバングラデシュ、インド、ネパールの森林に多く生息していたが、現在では密猟や生息地の消失によりその数は計約3000頭にまで減少したという。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up