for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

伝統の米ドッグショー、今年はアーフェンピンシャーに栄冠

2月12日、今年の米ウエストミンスター・ケネル・クラブ・ドッグショーは、「バナナ・ジョー」という名前のアーフェンピンシャーが最高賞に輝いた(2013年 ロイター/Shannon Stapleton)

[ニューヨーク 12日 ロイター] 100年以上の歴史を持つ米国のドッグショー、ウエストミンスター・ケネル・クラブ・ドッグショーで12日、最終審査の結果が発表され、今年は「バナナ・ジョー」という名前のアーフェンピンシャーが最高賞に輝いた。

バナナ・ジョーは5歳で毛色が黒い小型犬。調教を担当するアーネスト・ララさんによると、バナナ・ジョーは引退し、生まれ故郷のオランダに戻るという。

2位にはオールド・イングリッシュ・シープドッグの「スワガー」が選ばれた。スワガーは1歳8カ月で体重は約40キロ。

137回目となる今年の同ドッグショーは11日から2日間の日程で開催された。全米50州のほか、日本、ブラジル、クロアチア、フランスなどから計2700匹以上が参加した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up