for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

人気シロクマのクヌート、「標本」でスポットライトに復帰

2月15日、ドイツのベルリン動物園で人気を集め、2011年に死亡したシロクマのクヌートが「標本」となって公開された。写真はベルリンの自然史博物館で公開されたクヌートの標本(2013年 ロイター/Fabrizio Bensch)

[ベルリン 15日 ロイター] ドイツのベルリン動物園で人気を集め、2011年に死亡したシロクマのクヌートが15日、「標本」となって公開された。

クヌートは自然史博物館の入り口に設置され、1カ月の間来館者を歓迎するという。博物館は「標本」が「剥製」ではないと強調し、骨格を基にクヌートの毛皮などを使って作ったと説明している。

クヌートは母親から育児放棄され、飼育員によって育てられた。その愛らしい姿は世界中でも人気を集め、多くの訪問客が同動物園に詰め掛けた。4歳だった2011年3月、てんかんの発作で死亡した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up