for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

後ろ足まひの牧羊犬、車いすで「足」取り戻す

2月26日、ヨルダンの首都アンマン近郊にある動物愛護センターに、後ろ足が不自由になり、車いすで生活する牧羊犬がいる(2013年 ロイター/Ali Jarekji)

[アンマン近郊(ヨルダン) 26日 ロイター] ヨルダンの首都アンマン近郊にある動物愛護センターに、後ろ足が不自由になり、車いすで生活する牧羊犬がいる。

報道によると、6歳になるこの牧羊犬は2年前に野良犬に間違われて銃撃され、後ろ足にまひが残った。飼い主が何かしてあげられることはないかと動物愛護センターを訪れ、特製の車いすで歩けるようになったという。

現在は同センターで暮らすこの犬は、かつては100匹の羊を追っていた。今でも羊を見ると目を輝かせて追いかけようとするという。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up