for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中国人が英国で粉ミルク買い占め、スーパーなどで販売制限

[ロンドン 11日 ロイター] 英国のスーパーマーケットや薬局が、粉ミルクの購入を1人当たり2個とする販売制限を始めた。中国人観光客や業者などによる大量購入に対する措置だという。

英小売協会(BRC)の広報担当者は、「一部の客が大量の粉ミルクを購入していることを受け、主要スーパーマーケットや薬局が販売制限に踏み切った」と述べた。粉ミルクは、中国人観光客や学生が中国に住む親族に送ったり、業者が大量に購入したりするという。

中国では、2008年にメラミン入りの粉ミルクを飲んだ乳幼児少なくとも6人が死亡し、約30万人が健康被害を訴えるという大きな社会問題となった。海外産粉ミルクの需要が高まっており、香港やオーストラリアでも粉ミルクが買い占められて中国に送られる動きが広がっていた。

ロンドンでは、中国人の買い占めによって店舗で粉ミルクが不足しているため、買い物客が気に入ったブランドを買い求めるために数店舗を回ることもあるという。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up