for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

水が存在し得る3惑星発見、NASA「生命の可能性も」

4月18日、米航空宇宙局(NASA)は、水が液体のまま存在し得る太陽系外の惑星をケプラー宇宙望遠鏡で発見したと発表した。写真はNASA提供のイメージ画像(2013年 ロイターNASA Amers/JPL-Caltech)

[ケープカナベラル(米フロリダ州) 18日 ロイター] 米航空宇宙局(NASA)は18日、水が液体のまま存在し得る太陽系外の惑星をケプラー宇宙望遠鏡で発見したと発表した。

発見されたケプラー62eと62fは、地球から1200光年離れたこと座にある恒星を回っている。いずれも地球の約1.5倍の大きさで、岩石か氷、もしくはその両方でできているとされる。恒星との距離が適度にあり、水があれば液体のまま存在し得る「ハビタブルゾーン」内にあるという。

水は生命が存在するために必要不可欠な要素。NASAエイムズ研究センターのウィリアム・ボルッキー氏は、「これら2つの惑星は、最も生命が存在する可能性がある」とコメントした。

また、地球から2700光年のはくちょう座にある恒星を回る2つの惑星も発見。このうち1つもハビタブルゾーン内にあり、大きさは地球の1.7倍ほど。

1995年以降、太陽系外の惑星は約700個が確認されている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up