for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

昆虫類はダイエットに有効、良質な脂肪含む=FAO

[ローマ 13日 ロイター] 国連食糧農業機関(FAO)は13日発表した報告書で、栄養価の高い昆虫類はダイエットに有効である可能性を指摘した。

アフリカやアジアを中心に世界では1900種以上の昆虫が食糧とされている。同報告書は、多くの昆虫には食肉と同量のタンパク質とミネラル成分があり、脂肪は肉よりも健康的だとしている。FAOのエバ・ミュラー氏によると、欧州では昆虫をメーンとする料理を提供するレストランも出始めたという。

世界保健機関(WHO)の統計では、世界の肥満人口は約5億人で、1980年からほぼ倍増している。

同報告書を執筆した1人であるオランダ・ワーヘニンゲン大学のArnold van Huis氏は、昆虫類を食べることについて「西側諸国では文化的偏見がある」と指摘。ただ、こうした偏見は心理的なもので、被験者に食肉100%のミートボールと、食肉とゴミムシダマシの幼虫でできたミートボールを目隠しで食べてみてもらったところ、10人のうち9人が幼虫入りのミートボールを好んだとの結果が出たという。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up