for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ホノルルの海に糖蜜が大量流出、サメ増加の恐れも

9月12日、米ハワイ州オアフ島のホノルル港に糖蜜1400トンが流出したのを受け、保健当局は海水浴客やサーファーらに注意を呼び掛けている(2013年 ロイター/Hugh Gentry)

[12日 ロイター] - 米ハワイ州オアフ島のホノルル港に糖蜜1400トンが流出したのを受け、保健当局は海水浴客やサーファーらに注意を呼び掛けている。糖蜜の流出で魚が大量死し、サメが集まってくる可能性があるという。

ホノルル湾への糖蜜の流出は9日、米西海岸に向かう糖蜜積載船が出港した後に見つかった。当局は、糖蜜を陸から船に積むためのパイプラインに漏れがあることが10日までに判明したとしている。

11日に潜水調査を行ったダイブショップの経営者ロジャー・スミスさんによると、現場の海は茶色く濁り、糖蜜の層が海底を覆っており、窒息死した大量の魚やカニなどが沈んでいたという。

ハワイ州保健当局は声明で、糖蜜自体は人間の健康に直接害を与えるものではないが、「海水が汚れて魚が死ぬことで、サメなど捕食動物の増加につながる恐れがある」としている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up