for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

無呼吸で22分30秒、クロアチア人ダイバーが世界新記録

9月29日、クロアチア人フリーダイバーのゴラン・コラクさんが、水面に浮いた状態で無呼吸時間の長さを競うスタティック・アプネアで世界新記録を打ち立てた。写真は特設プールで水面に浮くコラクさんと時間を計測するコーチ(2013年 ロイター/Antonio Bronic)

[30日 ロイター] - クロアチア人フリーダイバーのゴラン・コラクさんが29日、水面に浮いた状態で無呼吸時間の長さを競うスタティック・アプネア(STA)で、世界新記録を打ち立てた。

イベント主催者らによると、コラクさんが息を止めていた時間は22分30秒。従来の世界記録を8秒上回ったという。

コラクさんはこの日、首都ザグレブの中心地にある広場に作られた特設プールで、無呼吸時間の記録更新に挑戦。競技中は酸素の消費を極力抑えるため、体をまったく動かさずにうつぶせ状態で水面に浮かんでいたが、新記録達成を知ると、付き添っていたコーチとがっちり握手して喜びを分かち合った。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up