for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

NYセントラルバークの馬車、市長選を控え「廃止論」優勢に

10月17日、米ニューヨーク市の観光名所の1つであるセントラルパークの馬車が、廃止の危機に直面している(2013年 ロイター/Adrees Latif)

[ニューヨーク 17日 ロイター] - 米ニューヨーク市の観光名所の1つであるセントラルパークの馬車が、廃止の危機に直面している。動物愛護団体は長年、マンハッタンのような都会で馬を働かせることに反対していたが、来月5日の市長選を前に、馬車廃止論は優勢になりつつあるようだ。

市長選の民主党候補ビル・デブラシオ氏、共和党候補のジョー・ロタ氏ともに、馬車をやめて8人乗りの電動車両などに替えることを支持している。

しかし、馬車の御者であるクリスティーナ・ハンセンさん(33)は、両候補者の考えは全く間違っており、「ヒステリー」だと指摘。「馬は文明社会において、たのもしく、協力的なパートナー。彼らは人間の感情を馬に投影している」と反論した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up