for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

オーストラリア沖に生息のイルカ、新種と判明

[ワシントン 30日 ロイター] -オーストラリア北部の海域に生息するウスイロイルカが、新種であることが分かったと、米野生生物保護協会が29日付の「Molecular Ecology」誌に発表した。

ウスイロイルカは背びれの下にあるこぶが特徴で、大西洋からインド洋、太平洋まで広く分布し、これまで3種に分類されていた。しかし今回の調査で、研究者チームは180個の骨格標本や235個の組織サンプルを採取し、DNAなどを調べた。

その結果、オーストラリア沖のウスイロイルカは従来の3種に分類されない別の種とされるべき、との結論に至ったとしている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up