for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

スカイダイブで女性が墜落死、米国で世界記録挑戦中

4月3日、米西部アリゾナ州でスカイダイビング中だったドイツ人女性が、地表に激突して死亡。写真は降下中に編隊を組むダイバーたち(2014年 ロイター/Henry Wiggers/Handout via Reuters)

[フェニックス(米アリゾナ州) 3日 ロイター] -米西部アリゾナ州の砂漠で3日、スカイダイビング中だったドイツ人女性のパラシュートが正常に開かず、地表に激突して死亡した。この女性は222人が降下中に編隊を組むという世界記録に挑戦中だった。警察などが明らかにした。

警察によると亡くなったのはドイツ人のディアナ・パリスさん(46)で、現場で死亡が確認された。夫の警察への説明によると、パリスさんはこれまでに1500回ものダイビング経験があるベテランだったという。

事故現場となったスカイダイビング施設の広報担当者によると、正常に作動しなかったメインのパラシュートを外すのが遅れたため、予備のパラシュートが完全に開く前に地面に激突したとみられる。

参加者らは高度6000メートルから降下し、降下速度は時速190キロに及んだという。これまでの世界記録は、米フロリダ州で昨年記録された110人によるダイビングだった。

主催団体の広報によると、追悼ダイビングを4日に行い、残る221人のメンバーで、パリスさんの場所を空けた編隊を組むという。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up