March 19, 2018 / 5:20 AM / 6 months ago

賭けサイトで人気、次に米政権去るのはマクマスター大統領補佐官か

[16日 ロイター] - トランプ米大統領による政権幹部の入れ替えが記録的回数に達する中、コスタリカの賭けサイト「BetDSI」では、次にホワイトハウスを去る確率が最も高いのはマクマスター米大統領補佐官で、3対2となっている。

 3月16日、トランプ米大統領による政権幹部の入れ替えが記録的回数に達する中、コスタリカの賭けサイト「BetDSI」では、次にホワイトハウスを去る確率が最も高いのはマクマスター米大統領補佐官(写真)となっている(2018年 ロイター/Jonathan Ernst)

同サイトは、トランプ政権当局者24人を対象とした賭けを最近開始、「トランプ政権でこれまで行われてきた人事交代を見れば、このリストの中の誰も、自分は安泰と感じることはできない」としている。

ブルッキングス研究所によると、トランプ政権発足後1年間で行われたホワイトハウスの人事交代件数は、過去5人の大統領に比べ2倍以上となっている。

関係筋は今週ロイターに、13日にティラーソン国務長官を更迭したばかりのトランプ大統領は、マクマスター補佐官とシュルキン退役軍人長官の交代について側近と話していると明かした。

BetDSIは、シュルキン氏が近日中に更迭される確率は極めて高いため、賭けリストに入れていないという。

サイトによると、マクマスター氏の次の更迭候補はセッションズ司法長官(確率7対4)と、ホワイトハウスのサンダース報道官(同6対1)。

一方、もっとも安泰とみられているのは、ペンス副大統領とマクマホン中小企業局長官(ともに確率50対1)となっている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below