Reuters logo
中国、企業債務問題への対応急務 貿易保護主義がリスク=OECD
2017年3月21日 / 07:35 / 8ヶ月後

中国、企業債務問題への対応急務 貿易保護主義がリスク=OECD

[北京 21日 ロイター] - 経済協力開発機構(OECD)は21日公表した中国経済に関する報告書で、今年の経済成長率が6.5%に、18年は6.3%に鈍化すると予想し、企業債務の増加に警告を発した。

 3月21日、経済協力開発機構(OECD)は中国経済に関する報告書で、今年の経済成長率が6.5%に、18年は6.3%に鈍化すると予想し、企業債務の増加に警告を発した。写真は上海の金融街。14日撮影(2017年 ロイター/ALY SONG)

OECDの中国経済担当高官は会見で「シャドーバンキングおよび銀行システムの双方における与信の急速な伸びが最大のリスク」とし、この問題への取り組みを強化することが重要と述べた。

同高官は、中国企業が抱える債務が国内総生産(GDP)比約175%で、企業債務の約75%が国有企業のものと指摘。

「われわれの最重要勧告の一つは、国有企業、その他公的機関への暗黙の(政府の)保証をなくすことだ」と述べ、暗黙の保証が、国有企業や地方政府の投資会社の債務増加をもたらしたとした。

報告書では、企業債務の増加や影の銀行の成長、深刻な設備過剰が原因で中国の金融リスクが高まっていると指摘した。

OECDの17年成長率予想は、26年ぶりの低水準だった16年の6.7%から減速するが、中国政府の成長率目標(6.5%前後)と一致する。

報告書は、経済成長率は依然高いが「人口年齢構成や経済の構造変化に伴い、徐々に適度に減速している」とした。

輸出数量の予想は今年が3.4%増、来年は3.3%増。世界需要の高まりで、16年の2.3%増を上回るとみている。

輸入数量は、今年が7.7%増、来年は6.0%増と予想。加工貿易の減速で、16年の8.6%増から鈍化を見込む。

OECDは、中国には一段の技術革新、企業家精神、効果的な企業統治、国有企業改革が必要と指摘した。

また、米国の名指しは避けたものの、一部貿易相手国・地域にみられる保護主義が中国の輸出に打撃を与えるとの見方を示した。ただ、それ以外の国・地域と自由貿易協定を締結することにより、打撃を緩和することが可能とも指摘した。

OECDは、中国では急速な経済成長とともに格差が拡大したが、税制や、労働力の移動を妨げている住民登録制度の改革によって是正可能と述べた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below