for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

OECD次期事務総長にコールマン氏、豪前金融相

オーストラリアのマティアス・コールマン前金融相は12日、経済協力開発機構(OECD)の次期事務総長に選ばれる見通しだと明らかにした。昨年1月、スイス・ダボスで撮影(2021年 ロイター/Denis Balibouse/File Photo)

[パリ 12日 ロイター] - オーストラリアのマティアス・コールマン前金融相は12日、経済協力開発機構(OECD)の次期事務総長に選ばれる見通しだと明らかにした。

コールマン氏は、15年にわたりOECDを率いたグリア事務総長と円滑な移行作業で協力したいと述べた。

ベルギー生まれで1996年に豪州に移住したコールマン氏は、OECDが気候変動でリーダーシップを取るべきとし、「パリ協定」で設定された目標が土台になるという考えを示した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up