April 4, 2018 / 1:34 PM / 3 months ago

OECD事務総長、米中間の貿易巡る緊張の高まりを懸念

[ロンドン 4日 ロイター] - 経済協力開発機構(OECD)のグリア事務総長は4日、米中間の貿易を巡る緊張の高まりは懸念に値するとの考えを示した。

グリア事務総長はロンドンのチャタム・ハウスで、「世界の第1、第2の貿易大国が関与しているため、大きな懸念に値する」とし、「こうしたことは誰のためにもならない。誰もが負ける状況にある」と述べた。

中国財政省はこの日、大豆、自動車、化学製品、一部航空機、トウモロコシ製品など農産物を含む米製品106品目に対し25%の追加関税を課すと発表。商務省が発表した声明によると、対象品目の2017年の輸入規模は500億ドルに相当し、米通商代表部(USTR)が3日明らかにした対中関税の対象輸入品目と同等の規模となる。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below