October 19, 2018 / 8:19 AM / a month ago

独財務相、最低法人税の世界的な導入を提案=現地紙

 10月19日、ドイツのショルツ財務相(左)は、企業が租税回避地を探し回るのを防ぐため、最低法人所得税の世界的な導入を望んでいる。独経済紙ハンデルスブラットが18日遅く、経済協力開発機構(OECD)の税制専門家の話を引用して報じた。写真は連邦議会に参加するメルケル首相(右)とショルツ財務相(左)。ベルリンで17日撮影(2018年 ロイター/FABRIZIO BENSCH)

[ベルリン 19日 ロイター] - ドイツのショルツ財務相は、企業が租税回避地を探し回るのを防ぐため、最低法人所得税の世界的な導入を望んでいる。独経済紙ハンデルスブラットが18日遅く、経済協力開発機構(OECD)の税制専門家の話を引用して報じた。

ショルツ財務相はOECDに対して提案を検討するよう要請したという。

OECD加盟国は、OECDの指針に従って税法を見直すことが可能。

そうした動きが実現すれば、税源浸食と利益移転(BEPS)への取り組みの延長となる。

ハンデルスブラット紙はショルツ財務相が提案について、フランスと密接に調整したとし、提案は好評だったが、協議はまだ初期段階だと述べたと伝えた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below