for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

警官が黒人男性射殺、約60発の銃弾 米オハイオ州で

[アクロン(米オハイオ州) 3日 ロイター] - 米オハイオ州で先週、交通違反の取り締まりから逃走しようとした黒人男性が地元警官に射殺される事件があり、警察当局は3日、その映像を公開した。8人の警官が関与し、黒人男性の遺体には約60もの銃創があった。

警察は記者会見で複数のビデオを流し、そのうちの一つは黒人男性ジェイランド・ウォーカー氏(25)が運転する車から発砲があった様子を捉えているとした。同氏は軽微な交通違反で警官から車を止めるよう促され、車に乗ったまま逃げた。

警察に数分間追跡された後、ウォーカー氏は車を捨てて逃走。映像によると、警官の方を向いており、警官はその際に同氏が銃を所持していると考えていたという。銃は車の中から発見された。

遺族の弁護士は、ウォーカー氏が車から警官に発砲したという警察の主張に「大いに懸念がある」と述べ、同氏の死には正当性がないと強調したが、これ以上の暴力は避けたいというのが遺族の願いだとも述べた。

事件があったオハイオ州アクロンでは3日午後、全米黒人地位向上協会(NAACP)が組織した平和的なデモが行われた。人口約20万人の同市でデモ隊は数百人に上り、「黒人の命は大事(BLM)」運動の旗を振りながら行進した。

警察によると、関与した8人の警官は有給の休職扱いとなった。

*動画を付けて再送します。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up