Reuters logo
米オハイオ州の大学で襲撃事件、容疑者は元ソマリア難民
2016年11月29日 / 03:11 / 1年後

米オハイオ州の大学で襲撃事件、容疑者は元ソマリア難民

[28日 ロイター] - 米オハイオ州にあるオハイオ州立大学の構内で28日朝、この大学に通う男子学生(18)が車で通行人に突っ込んだ後、車から降りて肉切り包丁のようなもので数人を次々と切り付けた。

この事件で11人が負傷し、うち1人が重体だという。アブドゥル・ラザク・アリ・アルタン容疑者は、駆けつけた警察官にその場で射殺された。

米政府当局者は、アルタン容疑者がソマリア出身で、合法的に市民権を得ていたことを確認した。また別の当局者はアルタン容疑者がソマリアからの難民であったことを明らかにした。事件のあったオハイオ州コロンバスはソマリア系住民が多い。

米政府当局者はロイターの取材に対し、米政府機関が容疑者の経歴や動機について調べを進めているが、現時点で容疑者が過激派組織と何らかのつながりがあったかなど詳細は分かっていないと述べた。

*写真を追加して再送します。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below