April 23, 2019 / 9:28 PM / 3 months ago

原油先物が約6カ月ぶり高値、イラン産原油の補填にOPEC慎重

[ニューヨーク 23日 ロイター] - 米国時間の原油先物は上昇し、約6カ月ぶりの高値を更新した。石油輸出国機構(OPEC)加盟諸国は、米国がイラン産原油禁輸の適用除外を来月初めに打ち切ると発表したことを受け、原油供給が減少した場合に増産する用意があるものの、まず需要動向を見極めた上で対応する構えであることが関係筋の話で明らかになった。

アゲイン・キャピタル・マネジメントのパートナー、ジョン・キルダフ氏は「サウジアラビアは供給が減少した場合、急いで補填することはないとみている」と述べた。

清算値は米WTI先物CLc1が0.75ドル(1.1%)高の1バレル=66.30ドル。一時は66.60ドルと昨年10月31日以来の高値を付けた。

北海ブレント先物LCOc1は0.47ドル(0.6%)高の74.51ドル。一時は74.73ドルと昨年11月1日以来の高値を付けた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below