Reuters logo
原油先物が堅調、イラク国内の衝突や米のイラン制裁巡る懸念で
2017年10月17日 / 02:52 / 1ヶ月後

原油先物が堅調、イラク国内の衝突や米のイラン制裁巡る懸念で

[シンガポール 17日 ロイター] - 17日アジア時間の取引で原油先物は週初の上昇分をほぼ維持している。イラク中央政府とクルド自治政府の衝突激化による供給への悪影響や、米国が対イラン制裁を再発動する可能性を巡る懸念を背景に、リスクプレミアムが相場を押し上げている。

 10月17日、アジア時間の取引で原油先物は週初の上昇分をほぼ維持している。写真はペンシルベニア州で5日撮影(2017年 ロイター/Brendan McDermid)

北海ブレント先物は多少の利益確定売りを浴びながらも、0148GMT(日本時間10時48分)時点で1バレル=57.79ドルと、前週末から2.5%高い水準を維持。

米原油先物CLc1は51.76ドルと、前日からやや下げたが、前週末比で約2%高となった。

イラク政府軍は16日、クルド人勢力が実効支配してきたキルクークを制圧。これとは別に、クルド人勢力が2カ所の主要油田で日量35万バレルの生産を停止したとの報道もある。

リブキン証券の投資アナリスト、ウィリアム・オラフリン氏は「キルクークはイラクの石油生産の約10%を占めており、さらなる混乱は供給に大きな影響与える可能性がある」と指摘した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below