December 24, 2015 / 8:38 PM / 3 years ago

原油先物一時38ドル台、年末控えトレーダーが買い前倒し

[ニューヨーク 24日 ロイター] - 24日の取引で原油先物が一時1バレル=38ドルを回復した。向こう1週間は市場の流動性が低下するとの見方からトレーダーが買い注文を前倒ししたことが背景。

このほか、在庫の減少や原油生産活動の減速なども価格上昇に寄与した。ただクリスマスを控え商いは薄くなっている。

米東部時間中盤の取引で 北海ブレント先物LCOc1は0.62ドル上昇の1バレル=37.98ドル。22日には11年ぶり安値となる35.98ドルまで下落していた。

米原油先物CLc1は0.46ドル上昇の37.96ドル。週初からは約8%回復している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below