Reuters logo
石油価格、数年で100ドル近くに反発=国際機関
2014年12月5日 / 17:32 / 3年後

石油価格、数年で100ドル近くに反発=国際機関

[ストックホルム 5日 ロイター] - 国際エネルギー機関(IEA)のチーフエコノミスト、ファティ・ビロル氏は5日、今後数年間で石油価格は1バレル当たり100ドル近くまで反発するとの見通しを示した。

 12月5日、国際エネルギー機関は今後数年間で石油価格は100ドル近くまで反発するとの見通しを示した。写真はニースのガソリンスタンドで同日撮影(2014年 ロイター/Eric Gaillard)

ビロル氏は当地で開催の会議で長期的な石油価格の見通しについて聞かれ、「石油価格は今後数年で需給バランスが均衡することから、100ドル近くに達するだろう」と述べた。

「現在起きていることで判断力を失ってはならない。地質学および石油市場の経済学から判断すれば、数年後に価格が上昇に転じても驚くべきことではない」とした。

北海ブレント原油先物は今週初めに68ドルを下回り、5年ぶりの安値をつけた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below