July 30, 2019 / 3:47 PM / 23 days ago

イラン産原油輸出、7月は10万バレルに減少 米制裁などで=業界筋

[ロンドン 30日 ロイター] - 業界筋やタンカーのデータによると、イラン産原油の7月輸出量は1日当たり10万バレルに減少した。米国の制裁や石油タンカー拿捕(だほ)を巡る英国との緊張の高まりが要因という。

業界筋によると、イラン産原油の7月輸出量は1日当たり約10万バレル。リフィニティブのデータでも同水準で、コンデンセート(超軽質原油)を含めれば12万バレルとなっている。

ワシントンとドバイを拠点とするコンサルタント会社SVBエナジー・インターナショナルのアナリストも、イラン産原油の7月の輸出量が減少する見込みと指摘。現在のイランの輸出容量は最大で22万5000─35万バレルとし、6月推定の40万バレルから減少するとした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below