June 8, 2016 / 3:37 PM / 4 years ago

原油先物が年初来高値、ナイジェリア油井爆破などで

 6月8日、北海ブレント先物、米原油先物とも一時、年初来高値を更新した。写真はベネズエラの石油生産生産施設、昨年4月撮影。(2016年 ロイター/Carlos Garcia Rawlins)

[ニューヨーク 8日 ロイター] - 8日の原油先物市場は、北海ブレント先物、米原油先物とも一時、年初来高値を更新した。ナイジェリア武装勢力の油井爆破声明のほか、米原油在庫が予想以上に減少したことなどが要因。

5月の中国原油輸入が、2010年2月以来の大幅増となったことや、米早期利上げ観測の後退でドルが下落、ドル建て原油の投資妙味が高まったことも相場の追い風だ。

北海ブレント先物LCOc1清算値は1.07ドル高の1バレル=52.51ドル。その後の時間外取引では一時、昨年10月以来の高値となる52.60ドルをつけた。

米原油先物CLc1清算値は0.87ドル(1.7%)高の1バレル=51.23ドル。一時、昨年7月以来の高値となる51.34ドルをつけた。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below