June 4, 2018 / 3:18 AM / 5 months ago

ブレント先物一段安、米増産やOPEC供給増見通しで

[シンガポール 4日 ロイター] - アジア時間4日午後の取引で北海ブレント原油先物は一段安。過去最高水準に拡大している米原油生産や石油輸出国機構(OPEC)加盟国による増産見通しが相場の重しとなっている。

 6月4日、アジア時間午後の取引で北海ブレント原油先物は一段安。過去最高水準に拡大している米原油生産や石油輸出国機構(OPEC)加盟国による増産見通しが相場の重しとなっている。写真は稼動するオイルポンプ。テキサス州で昨年5月撮影(2018年 ロイター/Ernest Scheyder)

0531GMT(日本時間午後2時31分)現在、北海ブレント先物LCOc1は0.34ドル(0.4%)安の1バレル=76.45ドル。

米WTI原油先物 CLc1は0.03ドル安の65.78ドル。

ANZは調査ノートで「市場は引き続きOPEC加盟国による年内増産の可能性を巡る議論に注目しており、原油相場が圧迫されている」と指摘。

「米国のデータでは悲観的見通しが示された。原油生産は過去最高を更新し、掘削活動も再び加速した」と説明した。

三菱商事の原油リスクマネジャー、トニー・ヌーナン氏は「夏場の需要期に突入しようとしており、米原油在庫の減少が見込まれるが、シェール・オイル生産は増えている。どちらか優勢になったほうが決定要因となる」と述べた。

サウジアラビアとロシアはこれまでに、ベネズエラとイランからの供給が細る可能性に対応するため、OPEC加盟国と非加盟産油国の生産引き上げを協議している。

*価格を更新しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below