April 17, 2016 / 9:41 PM / 4 years ago

主要産油国、増産凍結の見送り決定

 4月17日、主要産油国は、カタールの首都ドーハで開いた会合で、原油価格押し上げに向けた増産凍結の見送りを決定した。写真はサウジアラビアのヌアイミ石油鉱物資源相(中央)、17日撮影(2016年 ロイター/Ibraheem Al Omari)

[ドーハ 17日 ロイター] - 主要産油国は17日、カタールの首都ドーハで開いた会合で、原油価格押し上げに向けた増産凍結の見送りを決定した。

イランが凍結に応じず、サウジアラビアがイラン抜きでの増産凍結に反対したことから、合意にいたらなかった。

石油輸出国機構(OPEC)加盟国とロシアを含む非加盟産油国が増産凍結で合意できなかったことから、このところ持ち直していた原油価格が再び軟調になる可能性がある。

イランは1月の欧米諸国による経済制裁の解除を受け、原油生産を制裁前の水準に回復させる方針。この日の会合には参加しなかった。

一方サウジアラビアは、イランを含むOPECの全加盟国による増産凍結を主張した。

カタールのアル・サダ・エネルギー相は記者団に対して「さらに協議する必要があるとの認識で一致した」と語った。

複数の関係者は、イランが6月2日に開かれる次回OPEC総会で増産凍結に応じれば、OPEC非加盟産油国との協議を再開することができる、と述べた。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below