June 19, 2018 / 10:33 AM / 3 months ago

OPEC、18年後半の石油需要は堅調と予想 増産の必要も=関係筋

[ウィーン 19日 ロイター] - 石油輸出国機構(OPEC)の経済委員会は今週、2018年下期の世界の石油需要は引き続き堅調との見通しを示し、市場は加盟国からの供給過剰分を吸収できると予想した。複数の関係筋が19日明らかにした。

 6月19日、複数の関係筋が明らかにしたところによると、石油輸出国機構(OPEC)の経済委員会は今週、2018年下期の世界の石油需要は引き続き堅調との見通しを示し、市場は加盟国からの供給過剰分を吸収できると予想した。写真はOPECのロゴマーク。ウィーンのOPEC本部で撮影(2018年 ロイター/Heinz-Peter Bader)

OPECは22日の定例総会で、生産方針に関する協議を予定している。事実上のリーダーであるサウジアラビアと非加盟国であるロシアは減産幅を徐々に緩めるよう提案しているが、加盟国のイラン、イラク、ベネズエラ、アルジェリアは反対している。

OPECの関係筋3人はロイターに対し、同機構の経済委員会が18日に会合を開き、週内に閣僚らへ提示するため市場見通しのレビューを行ったことを明らかにした。

ある関係筋は「OPECとその同盟国が5月の水準で生産量を継続した場合、市場は今後6カ月にわたり供給不足に見舞われる可能性がある」と予想。別の関係筋は「下期の市場見通しは堅調だ」と述べた。

ある関係筋によるとアルジェリア、イラン、ベネズエラはこの会合で増産に反対を表明したもようだ。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below