for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

OPECプラス、少なくとも3カ月の減産幅縮小先送りを検討

石油輸出国機構(OPEC)にロシアなど非加盟産油国を加えた「OPECプラス」が、石油価格支援に向け、来年1月に予定している200万バレルの減産幅縮小を少なくとも3カ月先送りすることを検討している。ウィーンで4月撮影(2020年 ロイター/Leonhard Foeger)

[ドバイ/ロンドン 16日 ロイター] - 石油輸出国機構(OPEC)にロシアなど非加盟産油国を加えた「OPECプラス」が、石油価格支援に向け、来年1月に予定している200万バレルの減産幅縮小を少なくとも3カ月先送りすることを検討している。関係者が16日、ロイターに述べた。

関係筋によると、770万バレルの減産幅をさらに3─6カ月継続する案に支持が広がっており、「3カ月先送りされる可能性が高い」という。

ある関係筋は「需要が減退しているほか、リビアの生産が拡大していることから、話し合いは可能だ」と述べた。

OPECプラスの合同専門委員会(JTC)は16日に会合を開催。関係者によると、一部加盟国による過去の過剰生産分を補う減産を含め、10月の減産順守率が96%と従来想定を下回ったことも議論されたという。

17日には共同閣僚監視委員会(JMMC)が会合を開く。

*内容を追加しました。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up