for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

OPECプラス、5月から段階的に減産縮小 米がサウジと協議

4月1日、石油輸出国機構(OPEC)加盟国とロシアなどの非加盟国で構成する「OPECプラス」は協調減産を5月以降、段階的に縮小していくことで合意した。写真は2019年6月、オーストリアで撮影(2021年 ロイター/Leonhard Foeger)

[ロンドン/ドバイ/モスクワ 1日 ロイター] - 石油輸出国機構(OPEC)加盟国とロシアなどの非加盟国で構成する「OPECプラス」は1日、協調減産を5月以降、段階的に縮小していくことで合意した。米バイデン政権がサウジアラビアに対し原油価格を手頃な価格に抑えるよう呼び掛けたとされているが、サウジは米国のほか、いかなる消費国の影響も受けていないとしている。

合意により、5・6月の削減量はそれぞれ日量35万バレル、7月はさらに40万バレル程度縮小され、全体の削減量は4月の日量700万バレル弱から5月は650万バレル強に低下する見通しだ。

イランのザンギャネ石油相は、7月までに産油量が合計で日量110万バレル増加すると確認した。サウジのアブドルアジズ・エネルギー相はOPECプラス会合後の記者会見で、4月28日の次回会合で産油量水準について調整される可能性があると表明。今回の決定については、米国のほか、いかなる原油消費国との協議の影響も受けていないと語った。

サウジは現在、日量100万バレルの自主減産を実施。アブドルアジズ氏はこれについて、5月に日量25万バレル、6月に35万バレル、7月に40万バレル、産油量を増加させると明らかにした。

グランホルム米エネルギー長官はアブドルアジズ氏との電話会談後、「手頃で信頼できるエネルギー源の確保に向け、国際協力が重要であることを再確認した」とツイッターに投稿した。

この日のOPECプラス会合の数日前までは、新型コロナウイルス感染再拡大を受けたロックダウン(都市封鎖)の影響などで不確実性が高いため、現行水準の協調減産がおおむね維持されるとの見方が強かったが、関係筋によると、会合開始の24時間前になり、議論は協調減産の段階的な縮小に傾いた。米国とサウジの協議のニュースは、こうした潮目の変化に重なった。

北海ブレント先物はこの日3.4%高の1バレル=64.90ドル。年初からは2割以上高い水準にある。

*情報を追加しました。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up