for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

OPECプラス、追加増産見送り 22年需要予測は上方修正

[ロンドン/ドバイ 1日 ロイター] - 石油輸出国機構(OPEC)とロシアなど非加盟産油国で構成する「OPECプラス」は1日に開いた閣僚会合で、毎月日量40万バレルずつ協調減産を縮小するとした前回会合の合意を維持することを決定した。

9月1日、 石油輸出国機構(OPEC)とロシアなど非加盟産油国で構成する「OPECプラス」は、1日の会合を前に、2022年の石油需要予測を上方修正した。写真はOPECのロゴ。アルジェで2016年9月撮影(2021年 ロイター/Ramzi Boudina)

OPECプラスは2022年の石油需要予測を上方修正したにもかかわらず、一段の増産は見送り。次回会合は10月4日に開かれるが、今回の決定に基づき、10月も9月と同様に減産縮小規模は日量40万バレルにとどまる。

OPECプラスは声明で「新型コロナウイルスによるパンデミック(世界的大流行)の影響は引き続き不透明だが、市場のファンダメンタルズが力強くなったほか、景気回復が加速する中、経済協力開発機構(OECD)加盟国の原油在庫は継続的に減少している」とした。

イラク石油相は声明で、OPECプラスによる段階的な増産は世界的な原油市場の安定化に貢献するとの見解を示した。

OPECプラスは閣僚会合を前に、22年の石油需要予測を上方修正した。

米国は世界経済を支えるため、速やかに増産するようOPECプラスに圧力をかけている。

OPECプラスの関係筋によると、OPECプラスの合同専門委員会(JTC)は、22年の石油需要予測を日量328万バレル増から日量420万バレル増に上方修正した。

21年の石油需要は日量595万バレル増と予想している。20年は、新型コロナウイルス流行の影響で日量900万バレル減少した。

JTCは8月31日、21─22年の石油市場に関する新たな報告書を提出。報告書は公表されていないが、OPECプラス筋が31日に明らかにしたところによると、21年は世界の需要が回復し、日量90万バレルの供給不足になると予測している。

22年は当初、日量250万バレルの供給過剰を予測していたが、需要拡大を理由にその後、日量160万バレルの供給過剰に下方修正された。

この結果、OECD加盟国の商業用石油在庫は15ー19年の平均を22年5月まで下回る見通し。当初は22年1月まで下回ると予想していた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up