August 28, 2018 / 12:25 AM / 3 months ago

産油国の協調減産、7月は合意水準を9%上回る=関係筋

 8月27日、石油輸出国機構(OPEC)加盟・非加盟国の委員会は、7月の協調減産規模について合意水準を9%上回ったと認定した。写真はOPECロゴ。ウィーンで6月撮影(2018年 ロイター/Leonhard Foeger)

[27日 ロイター] - 石油輸出国機構(OPEC)加盟・非加盟国の委員会は、7月の協調減産規模について合意水準を9%上回ったと認定した。関係筋2人が27日明らかにした。

減産合意の順守率は5月が147%、6月は120%と低下しており、7月もこの傾向が続いた。

最近ではベネズエラやナイジェリア、リビアなどの原油生産が落ち込み、産油国の減産量は合意水準の日量180万バレルを大きく上回っていた。6月下旬のOPEC総会で減産量を100%に戻す方針が決まり、産油国は段階的に増産しているようだ。

委員会はサウジアラビアやロシア、アラブ首長国連邦(UAE)などで構成される。関係筋によると、次の会合は9月11日。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below