April 11, 2019 / 8:36 PM / 11 days ago

OPEC、7月から増産も 価格上昇や供給減少続けば=関係筋

 4月11日、石油輸出国機構(OPEC)は、ベネズエラとイランの原油供給が一段と減少し、価格上昇が続いた場合、7月から増産する可能性がある。ウィーンで昨年12月撮影(2019年 ロイター/Leonhard Foeger)

[ドバイ/ロンドン/モスクワ 11日 ロイター] - 石油輸出国機構(OPEC)は、ベネズエラとイランの原油供給が一段と減少し、価格上昇が続いた場合、7月から増産する可能性がある。関係筋が明らかにした。ロシアなど非加盟国との協調減産を延長すれば、市場を引き締め過ぎる恐れがあるためという。

ベネズエラの産油量は日量100万バレルを下回っているほか、イランの供給も予想通り米国が制裁を強化すれば、5月以降にさらに減少する可能性がある。

協調減産を受け、今年の原油価格LCOc1は30%超上昇しており、現在は1バレル=70ドルを超える水準。トランプ米大統領はOPECに相場下支えを抑制するよう圧力をかけている。

あるOPEC関係筋は「供給が大幅減少し、原油価格が85ドルに上昇するのは、われわれにとって好ましくない状況で、増産する必要があるかもしれない」と述べた。

OPECとロシアなど非加盟国は1月から日量120万バレルの減産を実施しており、6月25─26日の会合で減産を延長するかどうかを決める。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below